バニラエアのソフトドリンクは種類が豊富!

またバニラを使いたいと思います

バニラエアを利用してセブ島へドリンクもラインナップが豊富またバニラを使いたいと思います

もちろんバヤリースオレンジを注文しました。
その他にも定番のコカコーラやサイダーといった炭酸飲料水もあれば、お茶やミルクココアなどの温かいドリンクもあり、とても充実していると思いました。
最近ではバニラエアのような格安の航空会社が台頭してきて自分たちのようにパッケージツアーを利用しない者にとっては、以前に比べずいぶん安く海外旅行ができるようになりました。
チケット代を考えたら、少しぐらいの手荷物の規制や有料の機内サービスはあって然るべきなのだろうとバヤリースオレンジを飲みながらつらつらと考えました。
そう思ったら缶ビール400円もそれほど高いとは思えなくなりました。

みつきさんと横浜のプリンカフェ行ってきました(=´∀`)
今だけぐでたまとバニラエアとコラボしてますよ!
大きいお友達は満喫しすぎまして、2時間入り浸りましたよっとw pic.twitter.com/BOGmgeWKf4

— すずき@2/25氷奏一般そしてメガネが本体👓 (@ohariko_nitori) 2018年2月24日
地上でもレストランなどでオーダーすればそれくらいはかかります。
そんなことを考えていたら、飛行機はあっという間に目的地に到着してしまいました。
機内のサービスが悪かったのならばいざ知らず、そんなことは全くないうえ機内食は量が少し少なかったのかもしれませんが味も上々だったので、全体的にはとても満足できる空の旅でした。
近場の海外旅行ならば、何度も食事やドリンクをオーダーしなければならないというわけではないので、我が家にとっては航空運賃が安く抑えられる方がよっぽどありがたいので大満足と言えるでしょう。
帰りのフライトでは、今度は今まで飲んだことがなかったバヤリースふじりんごを注文してみようかなと思いつつ、今後もバニラエアのお世話になることを確信したのでした。